幼児教育の教材ガイド
TOP │ 幼児教育は親から子供への贈り物。幼児教材を利用して、子供が夢を叶えるための基盤を育てましょう。
TOP幼児教育教材のQ&A

早期教育の弊害とは?

早期教育には弊害(自閉症など)があると聞いたことがあるのですが、実際のところどうなのでしょうか?
たしかに「早期教育の弊害」はテレビや新聞などでも取り上げられることがありますが、実際のところ信頼できる情報・研究結果はありません。

だからと言って「今のところ分からない」では無責任ですので、私個人の見解を書きたいと思います。


≪業者≫
・ 高額教材を売りたい業者が不安(早期教育の必要性)を煽る。
  ↓
≪親≫
・ 判断能力の低い親が不安になり早期教育主義に陥る。
・ 親の考え方が偏る(宗教的なまでに過剰な能力主義や競争心)。
  ↓
≪子供≫
・ 親の心を敏感に感じ取り、大きなストレスを受ける。
・ 偏った教育、偏った考え方による他人との違いがストレスになる。

個人的には
早期教育をすること自体よりも、このような「心の動き」や「ストレス」が弊害につながる
と考えています(流れ図はあくまで一例です)。

このことを意識して「一つの価値観(考え方)に固執しない」「ストレスを生み出さない」「過剰な競争心を持たない」といった点に注意して教育を施せば、弊害なく教育することが出来るのではないでしょうか?

また、余談ですが、早期教育の重要性(学習の臨界期)を語るとき、よく例に出される「狼に育てられた姉妹・アマラとカマラ」ですが、この話自体にかなりの創作が含まれていると言われており、信頼に足るものではありません。

このような例を持ち出さなければならないほど「早期教育の分野」は不明な部分だらけです。「○歳までにシッカリ教育しなければ!」「早期教育は絶対的によくない!」とあまり神経質にならず、愛情をもって無理のない教育を行なうことをオススメします。

[ ← 教材よりも自己教育? ] [ 英語は忘れてしまう? → ]


幼児教育教材のメリット
幼児教育教材の注意点
幼児教育博士
幼児教育の心構え
幼児教育教材のQ&A

幼児教育教材のカテゴリ別紹介
タイプ別 幼児教育教材
バランス型 バランス型
能力開発型 能力開発型
学力重視型 学力重視型
英語教育型 英語教育型
ABC評価別 幼児教育教材
評価A 評価A
評価B 評価B
評価C 評価C
価格帯別 幼児教育教材
月999円以下 月999円以下
月1000〜1999円 月1000〜1999円
月2000〜4999円 月2000〜4999円
月5000円以上 月5000円以上
こだわり分類 幼児教育教材
早期教育 早期教育
パソコン教材 パソコン教材
体験版あり 体験版あり
毎月届く教材 毎月届く教材
年齢別 幼児教育教材
0歳 0歳〜
1歳 1歳〜
2歳 2歳〜
3歳 3歳〜
4歳 4歳〜
5歳 5歳〜
6歳 6歳〜
幼児教育教材の人気ランキング
Copyright © 2010-2017 幼児教育の教材ガイド by Quorico All Rights Reserved.